平清盛 第15話 「嵐の中の一門」
家盛が急死し、嘆き悲しむ宗子。家盛が死んだのは清盛が神輿に矢を射たからだと責める忠正。家盛の死によって今まで表に出てこなかった心の暗い部分が出てきた回でした。

家盛の喪が明けた後、忠盛は高野山の焼失した仏塔の再建をすることになり、清盛を責任者にしてもらうことにします。高野山に昇った清盛と盛国は、出家した義清(西行)に再会します。それにしても出家しても義清は美形だなぁ~鳥羽院に続き「美坊主図鑑」に載れそうな人がまた登場しましたw相変わらずモテモテで里の女達が色々と野菜を届けてくれるみたいですね。

一方、朝廷では頼長の養女、多子が入内します。忠通は頼長との養子縁組を解消し、自分の養女である呈子を入内させます。このことによって、関白と左大臣の兄弟の争いが始まります。ちなみに義朝の説得で常磐が呈子の雑仕女として出仕することになりました。多子さんはそこそこ可愛いけれど、呈子さんはちょっと・・・忠通は周りを華やかにすることで、話題作りをしたんですねw

そしてもう一組、火種を抱えた兄弟が・・・崇徳上皇と雅仁親王は政治から遠ざけられ、静かに暮らしていました。今様を謡う弟に崇徳院は皇位を望んだことはないのかと尋ねますが、雅仁は興味がないと答えます。でも、彼が歌っている様子はとても冷静な感じではなく、どこか怨念のような物が感じられます。兄のほうは気が付いていないようですが。

得子に仏塔再建がなった後に公卿となるよう口添えをしてもらえることになった忠盛ですが、頼長から衝撃的は話を聞かされます。なんと、頼長と家盛の関係を聞かされてしまったんですね。大ショックの忠盛。そしてやっぱり傍に付いていたのは秦公春だった・・・それにしても頼長様、先週に続き鬼畜過ぎるよ~よく忠盛に絞殺されなかったよ・・・

絵師と共に曼荼羅図に筆を入れていた清盛の元を忠盛が訪れ、仏塔再建はなしだ!と言います。それでも絵に筆を入れ続ける清盛を忠盛は殴ります。額から流れる血も気にせず色を付ける清盛。絵具に血が混じってしまいましたが、この曼荼羅図に清盛の血が入っているのは本当らしいですね。それを見た宗子は「家盛が笑っている、兄上によろしくと」と頬笑みます。このシーンちょっとよく判らなかったけど、三上さんの時と同じく和久井さんの演技に助けられた感じですね。それはともかくとして、平氏一門は再び結束しました。が、源氏はどうやらそうはいかないようです。

次回は忠盛が退場か~ちょっと寂しいなぁ~そして政治は益々佳境になっていきそうです。

おまけ

久しぶりに崇徳院が登場して嬉しかった。上皇になったから服装もラフになりましたね。この衣装も立ち姿がいいから新にはお似合いでした。そして、雅仁の謡う今様はすごく意味真だったなぁ~高松局のHPで意味が判るので興味がある方は覗いて見て下さい
[PR]
by angel-heartk | 2012-04-15 22:20 | 平清盛

読書の感想が中心で、時々他の話題も・・・ by おけい
by おけい
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venuspo..
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
2014年版・演技力だけ..
from dezire_photo &..
これから伸びる俳優はだれ?
from dezire_photo &..
夢の守り人 上橋菜穂子
from 粋な提案
卒業―雪月花殺人ゲーム ..
from 粋な提案
のだめカンタービレ最終楽..
from *across the ra..
上野樹里 噂
from 楽しいこと大好き
ブログパーツ
検索
タグ
ファン
ブログジャンル
画像一覧