平清盛 第19話 「鳥羽院の遺言」
予想外の雅仁親王の即位に動揺する清盛は信西に問いただします。信西曰く「あのような方だからこそ、自分の腕の振るいようもあるもの」と言うことらしいです。確かに部屋住み(?)だった雅仁にはブレーンらしい人物はほとんどいなかっただろうから、自分の思い通りに出来ますよね。

一方、院政の夢を完全に断たれた崇徳院は「許さぬ・・・」涙の日々を送っていました。そりゃあ辛いよな~この時の崇徳院の顔が儚げで、切なくなってしまいました。一方の鳥羽院は「許せ、上皇」と写経をしています。
そんな中、後白河即位の祝いの宴が開かれ、崇徳院から祝いの和歌が届けられます。その歌は一見祝いの歌に見えますが、実は横に読むと「あなにくし」と読むものでした。和歌の意味に気付いて暴れる後白河に鳥羽は「譲位しろ、次の帝は重仁じゃ」と言います。いくらなんでもそれは無理ってもんで、後白河に祖父と同じセリフを言われます。「法皇よ、ここは私の世じゃ」と。ショックを受けて倒れる鳥羽院を冷笑を浮かべて見ている信頼や成親が不気味・・・

清盛は鳥羽院が写経したお経を届けます。これが、長年疎遠だった父子の話しらしく、鳥羽院が崇徳院と和解したいとの意思表示なんですが、さすがに簡単には許せません。お経を無表情に破いてしまいます。和解がならないまま、鳥羽院の病は重くなっていきます。

一方、源氏は義朝が息子を使って弟から家宝の「友切」を奪い取り、為義と決別します。摂関家は頼長が近衛帝呪詛の疑いから「内覧」の地位を解かれ、失脚します。ここでも「父と子」は断絶してしまいました。

鳥羽院の病が重く成った為、武士は「戦になったら帝に忠誠を誓うように」誓詞を書くよう命じます。清盛は始めは書かないつもりでしたが、結局一族のことを考えて誓詞を書くことにしました。

崇徳院は鳥羽院の危篤を聞いて駆けつけるものの中に入ることが出来ません。中から出てきた清盛に望みを託すものの・・・「いささか遅すぎました」と剣をむけられました。ひどいよ~大ショックの崇徳に無情にも鳥羽院崩御を知らせる鐘が鳴り響きます。「父上」そう呟いて泣き崩れる崇徳。失意の彼の元に頼長が現れました

とうとう舞台が整ってしまいました。次回から「保元の乱」に突入です。

おまけ

ある意味「影の主役」だった鳥羽院@三上博史さんが、今週で退場です。最後の最後まで、見せてくれましたね。お疲れさまでした!
[PR]
by angel-heartk | 2012-05-14 22:02 | 平清盛

読書の感想が中心で、時々他の話題も・・・ by おけい
by おけい
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venuspo..
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
2014年版・演技力だけ..
from dezire_photo &..
これから伸びる俳優はだれ?
from dezire_photo &..
夢の守り人 上橋菜穂子
from 粋な提案
卒業―雪月花殺人ゲーム ..
from 粋な提案
のだめカンタービレ最終楽..
from *across the ra..
上野樹里 噂
from 楽しいこと大好き
ブログパーツ
検索
タグ
ファン
ブログジャンル
画像一覧