カテゴリ:坂の上の雲( 14 )
坂の上の雲 最終回 「日本海海戦」
3年に渡って放映されたこの番組もこの回で最後になりました。
感想が上手く書けないんですが…

「日本海海戦」すごい!

「丁字戦法」というのはよく判らなかったんですが(オイ)炸裂する砲弾、
吹き飛ぶ乗組員、火に包まれ、波に押し流されての戦いはそれだけでも見る
価値がありました。味方はもちろん、敵はより悲惨な戦いをしているわけ
なので、ロシア側司令官の沈む船を見つめる絶望の表情が痛々しい…
降伏の白旗を揚げて停戦したロシア艦隊を見てホッとした表情の一般の
乗組員が印象的でした。「勝った」よりも「終わった」の気持ちの方が
強かったんでしょうか?

ロシアとの講和条約のほうはあっさりと描かれていましたが、これは秋山兄弟
のその後を描くことに重きを置いたからでしょうか?

悲惨な戦いを見たことで(自分が考えた戦法ですし)「坊主になりたい」と
泣く真之を背中から抱きしめる季子さん。支えてくれる妻がいたせいか、海軍
を辞めずにいたそうです。でも49歳の若さで亡くなったのはこの戦争が心の
負担になったのかもしれないと思いました。

兄の好古はもう少し長く生きたそうですが、臨終の時の阿部さんのメイクが
かなりリアルでした。好古が亡くなったことでこのドラマも終わり、長い
このドラマも幕になりました。
[PR]
by angel-heartk | 2011-12-26 21:45 | 坂の上の雲 | Comments(0)
坂の上の雲 第3部 3回 「敵艦見ゆ」
旅順艦隊をひとまず壊滅させたことで、連合艦隊は修理の為に帰国。真之も東京に戻って久々に
家族と再会します。先週の「二百三高地」の戦いが余りにもハードだったので、このシーンには
心がなごみました。

好古は奉天で必死の戦いを繰り広げていましたが、今回感じたのは日本がロシアに勝てたのは
本当に「運」が良かったからで、「実力」があるとはあまり言えない戦いだったんですね。もし奉天開戦
でクロパトキンが撤退しなかったら果たしてどうなっていたか・・・考えるだけでぞっとしました。

海軍では真之がバルチック艦隊が「対馬海峡」か「津軽海峡」かどちらにくるのかを思案中です。
気持ちが焦ってイライラしていましたね。読みが当たって「対馬海峡」に現れた時に思わず「踊る」
真之がお茶目で良かったです。

そしてとうとう日本海海戦が始まりました。有名な「東郷ターン」ってこんなにも無謀な戦法だったん
ですか・・・これは滅多に使えないですよ・・・捨て身だったんですね。

次回は長いこの物語もとうとう終わりです。心して見たいと思います。
[PR]
by angel-heartk | 2011-12-18 22:15 | 坂の上の雲 | Comments(0)
坂の上の雲 第3部 2回 「二百三高地」
白襷隊の奮戦も及ばず、旅順要塞は落ちません。ついに乃木は二百三高地奪取に作戦を変更し、
再び苦しい戦いを強いられます。有名な映画「二百三高地」を観たことはないのですが、さだまさしの
有名な歌は覚えています。その二百三高地戦は日本にとってもロシアにとっても「苦しい戦い」でした。

それにしても、日本軍の苦戦の理由が「火器」の差だけではなくて、「参謀達」の「無策」だったとは・・・
「このままでは兵が無駄死にする」と危機感を持った児玉源太郎が一時的に指揮を取ることによって
なんとか勝つことが出来ましたが、この勝利はとてつもない「犠牲」の上での「勝利」だったとよく
判りました。二百三高地から旅順港が見えるシーンは今週唯一のホッとさせるシーンでした。

二百三高地からの攻撃で旅順艦隊は大打撃を被り、まずは一安心の海軍ですが、バルチック艦隊
は刻一刻と近づいています。次週は秋山兄弟の活躍が見られそうです。
[PR]
by angel-heartk | 2011-12-11 22:00 | 坂の上の雲 | Comments(0)
「坂の上の雲」 第3部 1回 「旅順総攻撃」
1年ぶりの「坂の上の雲」も今年で最終回。第3部のOPは前2作とは違った始まり方でした。
ちょっとナレーションが長い気がしましたが・・・

日銀副総裁、高橋是清の努力でユダヤ人資産家から公債を引き受けてもらえることになり、
戦費の捻出に成功します。この資産家はロシアのユダヤ人を救いたい気持ちがあったんですね。

そして今回からはほぼ「戦争」と「作戦会議」のシーンに使われた訳ですが・・・
旅順艦隊をバルチック艦隊の到着までにたたいておきたい海軍は一日も早く旅順要塞を
陸軍に落としてほしいものの、余りにも強固な要塞は2度の総攻撃にもびくともしません。
総司令官の乃木の苦悩が今回のテーマでしたね。なすすべもなく兵が倒れていくのを
じっと耐えなければならないのは辛かったでしょう。3度目の総攻撃は「二百三高地」に
なりますが、今週以上の辛いシーンになりそうです。
[PR]
by angel-heartk | 2011-12-04 22:04 | 坂の上の雲 | Comments(0)
坂の上の雲 第2部 4話  「広瀬、死す」
とうとう第2部も今週で終わりです。子規に続いて、このドラマでも
きっと人気の高いであろう広瀬少佐が壮絶な戦死をしました。まさに
今週の主役は広瀬(と時々アリアズナとボリス)です。

港内に閉じこもる旅順艦隊を湾の入り口を閉じて閉じ込めてしまう。
「閉塞作戦」を有馬が提案。真之はリスクの大きさから反対しますが、
結局は決行されることに…実行部隊に広瀬も配属されます。

一度目は失敗、二度目の作戦の前に広瀬はアリアズナ宛の手紙を真之に託し、
出発します。船体にロシアの友人達に宛てたメッセージを書く広瀬。この時代
ってナレーションでも言ったたけど、勝負が終わったらまた仲好くしようぜ!
的な感じがリアルで出てますね。演じる藤本さんが正にぴったりな感じで
ホントこの人が広瀬で良かった~。

撤退の時にいない杉野を捜していた広瀬でしたが、見つからず、已む無く
カッターボートに乗って脱出する広瀬達。部下を励ましながら海を進むのですが、
そのボートに砲弾が…広瀬は海に消えて行きました。海に沈む懐中時計の中には
アリアズナの写真が入っていました。遺体はロシア軍に回収され丁重に埋葬され
ました。ボリスもその中に混じっていましたね。男気があって明るい広瀬は
ロシアでも人気があったからこその葬儀だったのでしょう。首都にいるアリアズナ
も広瀬からの手紙を受け取って喪に服したのでした。

広瀬のことしか書いていませんが、閉塞作戦は失敗しドラマは来年に持ち越し
ます。また1年あくのか…
歴史大作に相応しく戦争以外のパートもいい感じでしたね。アリアズナ
は綺麗だし、ボリスも案外良い扱いを受けていたしね。この二人はもう出てこない
のかもしれないけど、物語に「華」を添えていたと思いました。
[PR]
by angel-heartk | 2010-12-27 21:56 | 坂の上の雲 | Comments(0)
坂の上の雲 第2部 3話 「日露開戦」
子規が亡くなり、時代はいよいよ日露戦争へ突入していきます。そんな中、
真之はお見合い相手の稲生季子と結婚します。季子さんは可愛らしいくて
健気なところがある女性なので、真之もその辺が気に入ったのでしょうか、
新婚の秋山家に律が訪ねてきますが、真之が一人でそわそわしているのが
可笑しかったですね~季子さんも律から裁縫をならって真之の着物を縫った
りして律に打ち解けています。

海軍は東郷平八郎を連合艦隊司令官に任命。真之は参謀に任命されます。
陸軍は児玉源太郎が重役に…対露交渉は宮中で度々議論されてきましたが、
ロシアとの断行はその都度明治天皇が許しませんでした。それはそうですよね。
大国ロシアとの戦争は勝ち目が低いものですから、そう簡単に裁可できないですよ。
その辺はロシアの皇帝も同じで、悩みに悩んで日本に全面譲歩することを決めた
のに、側近連中の思惑で電報は握りつぶされ日本はついに日露開戦を決意
してしまいます。政治って本当に難しいなぁと思った回でした。

次週は広瀬がいよいよ亡くなるらしい…この人もとてもいいキャラクター
だったので寂しいなぁ~そして第二部もこの回で終わりですか…また1年
またなきゃならないのね…
[PR]
by angel-heartk | 2010-12-19 21:32 | 坂の上の雲 | Comments(0)
坂の上の雲 第2部 2話 「子規、逝く」
今週はやっぱり「子規の死」が一番心に響きましたね。まだまだやりたい
ことがあるのに病は悪化し、麻酔が切れれば激痛が走る…一人きりの時
子規は錐を持ち自殺を図ろうとしますが、気丈に振舞っていても苦しかった
のでしょう。秋山兄弟が戦っている時、子規もまた戦っていたのでした。
亡くなった時、彼の表情は静かでしたが、本当に良く頑張りました。

後は真之が稲生季子とお見合いをしましたが、入院した真之を季子が見舞いに
来たところに律が来ました。二人の楽しそうな姿を見て少し寂しそうに微笑んで
立ち去る律が切ない…兄の死後学校に通いだした彼女は新しい人生を始めようと
しています。

児玉源太郎が軍を休職中の乃木希典を呼び戻しに行きました。「百姓のまねごと
はもう終わり」と妻の静子に語る乃木は切なかったなぁ…奥さんも辛そうでした。

来週はいよいよ戦争が始まるらしい…これからは戦争のシーンが続きそうです。
[PR]
by angel-heartk | 2010-12-12 21:30 | 坂の上の雲 | Comments(0)
坂の上の雲 第2部 1話 「日英同盟」
1年ぶりの「坂の上の雲」のレヴューです。戦争の足音が着々と近づいて
来たため、話も段々難しくなってきていますが簡単でもいいから感想を
書きたいと思います。

今週の話を簡単にまとめると…

真之と広瀬が英国で再会し、欧州を視察する

帰国した真之は正岡子規と再会。子規は病が悪化しても旺盛な作家活動を
している。

広瀬とアリアズナのラブラブとボリス、アリアズナを諦め広瀬と友情を
深める。帰国する広瀬をアリアズナとボリスは「荒城の月」の合奏で
送る。

伊藤博文はロシアとの同盟を試みるが、失敗。代わりに日英同盟が締結
される。



日本の念願である対等な同盟が結ばれましたが、日英同盟のほうよりも
伊藤さんの失敗の方に時間を割いていましたね。なんだか伊藤さん、小村
や桂太郎に完全に「爺さん」扱いされて哀れです。

そして今回の主役は広瀬武夫でした。この人、演じる人がロシア人に見劣り
しないせいか、思いっきりメロドラマ風のシーンでもすごく絵になりますね。
ボリスも二人のストーカーをしてるのかと思ったら(猟銃持って広瀬を撃つ
んじゃないかと思ったよ)あっさり二人を認めて祝福してました(笑)
二年後にはこの二人は敵同士になってしまうのですが、正々堂々と戦おうと
誓う二人は良かったよ~

そして次回は子規がいよいよ亡くなります。なんだかもう予告で泣きそうに
なったよ~それにしても香川さん、弥太郎の面影、全くありません。すごい
俳優です。
[PR]
by angel-heartk | 2010-12-08 21:28 | 坂の上の雲 | Comments(0)
坂の上の雲 第1部 第5回 「留学生」
今週で第1部は終わりです。なんだかあっと言う間の全5回ですね。2部は1年後だからまるで「ロード・オブ・ザ・リング」のよう。出来ればまとめて放映して欲しいものですが、きっと色んな理由があるんでしょう。


従軍記者として清国に行った昇さんは帰国する船の中で吐血、松山に戻ります。帰省した淳さんも訪ねて来ます(昇さんは夏目漱石のいる下宿に間借りして療養しています)。淳さんはりーさんに「結婚して正岡家を継いでほしい」と言いますが(昇さんに頼まれて)「何故淳さんは結婚せんの?」と逆に質問されてしまいます。りーさん、切ないよ・・・昇さんは上方に旅行中脊椎カリエスを発症します。「あとどれくらい生きられるだろう」確実に病は昇さんをやつれさせています。

淳さんは横須賀水雷団に配属になり、広瀬と再開。広瀬は祖母に送る写真を撮りますが、何故か軍服以外に
「褌姿」の写真も撮ってます(笑)「自分は立派に成長しているとの証拠」だそうですが、淳さんも真似して褌姿に・・・しまいには2ショットで写真に収まってました。モックンも藤本さんも体格いいですね~これは原作にあるんでしょうか?仲良しの二人は信さんの家で「餅食い競争」をしたりします。(信さんも参戦します)

時勢の目まぐるしい変化を受けて海軍では留学生を派遣します。淳さんはアメリカに、士官学校時代の成績が振るわなかったにもかかわらず、広瀬もロシアに留学が決定します。淳さんは昇さんを見舞い、互いに頑張ることを誓います。アメリカでの淳さんは米国とスペインの戦争を「観戦武官」として見学(閉塞作戦を熱心に見る)したり、マハンと会見したりします。マハンとの会見では米国のしたたかさを知ります。

ロシアの広瀬も海軍を視察したりして忙しいみたいですが、ロシア海軍の軍人の娘、アリアズナを紹介されます。アリアズナに恋する男もいるのですが、彼女は広瀬以外には眼中にないみたいで二人は親しくなっていきます。アリアズナだけでなく、広瀬はロシアで人気者になったみたいですね。それにしても二人に横恋慕する男はあんまり必要なかったような・・・広瀬に柔術で投げ飛ばされてしまう彼は気の毒でしたよ・・・

昇さんは益々病が重くなっていき、どんどん痩せていきます。淳さんから送られてきた毛布に包まった彼は自分の庭を「小楽地」と呼びます。

淳さんと広瀬はイギリス駐在武官に任命され、イギリスに向かうことになります。時代は「日露戦争」に確実に向かっていくのでした。


今週は信さんがあまり出てこない分、広瀬が活躍(?)してました。このドラマにしては恋愛度が高い(?)回だったような気がします。でもあの時代らしく控えめなんですね。広瀬はアリアズナの手を握っている割には本当に彼女が冷えないように気遣っていたし。このくらいならまぁいいんではないでしょうか・・・

「歴史」の部分では各国の「外交」や「政治」のしたたかぶりが面白かった。小村の、「アジアのイロコイ族になる」にはあの時代の政治家のしたたかさが、マハンの言葉には「戦争」の「大義名分」が表されていたとおもいました。
[PR]
by angel-heartk | 2009-12-27 22:34 | 坂の上の雲 | Comments(0)
坂の上の雲 第1部 第4回 「日清開戦」
今回、放映後に2chを覗いたら先週までとは打って変わってかなり評判の悪い回でした。私はそれほど悪いとは思わなかったけど。これは私が近代史に疎いせいかもしれません。でも確かに秋山兄弟の戦闘シーン以外はざっと流れを説明した感じになっていました。これは「日露戦争」を長くやるからあえて短めの長さにしたのかもしれません。


戦艦「浪速」がまだ「宣戦布告」もしていないのに、清国兵を乗せた英国船を撃沈したことでイギリス側が激怒します。清国公使の小村寿太郎が事態収拾に動いていますが、清国の李鴻章は小村を「日本人は皆貴方のように背が低いのか」と馬鹿にしますが、小村は「貴方の様な方を日本では「ウドの大木」と言います」と言いかえします。「浪速」の行為は「国際法」に触れていないとして結局は不問とされます。ちなみに小村の傍にいた大使館員は石丸謙二郎さん。小さな役にも良い俳優を使っていますね。

遼東半島の「旅順要塞」を陸軍は落とすことになります。信さんの提出した上申書を元に作戦が練られ、戦闘が始まりました。この戦闘シーン、近代戦なので大砲で人が吹き飛び、銃で倒され、怖いけれど迫力のあるシーンになっていました。敵を待ち伏せる兵の指が震えていたのがリアルです。要塞に進軍する為失踪する信さんが格好良く、水筒に入れた酒が切れた時に通訳が投げて渡すシーンも良かったなぁ~この通訳は上官に付いて必死に疾走するのですが、通訳も命がけです。

東京では昇さんが陸先生に「従軍記者として清国に行きたい」とお願いしますが最初は却下されます。もみじを石に打ちつけながらりーさんに気持ちを話す昇さん。結局は従軍させてもらえますが、戦争の「現実を」知ります。略奪を容認する軍曹と口論になった昇さんを森鴎外が止めてくれました。帰国する昇さんは再び吐血しました。

淳さんは「筑紫」で航海中、部下達と「いり豆」で結束します。しかし戦闘中一番可愛がっていた花田が亡くなります。自分の作戦ミスで部下が死んだと淳さんは悩みますが、広瀬や東郷の言葉に気持ちを新たにするのでした。



今回のテーマは「良き上官、指揮官とは」でしょうか?それぞれの部下達とのやり取りが良かったですね。あと「戦争に勝ったのにちっともその辺のことが描かれていない」との意見が結構あるけれど、これは淳さんを中心にしてるのでこのようなことになったのだと思います。野沢さんもかなり苦心して書かれたのではないでしょうか。戦国時代よりも近い時代なのでどうしても生々しい戦争なので、視聴者の感情も考慮してるのだと思います。
[PR]
by angel-heartk | 2009-12-21 21:43 | 坂の上の雲 | Comments(0)
  

読書の感想が中心で、時々他の話題も・・・ by おけい
by おけい
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新のコメント
私の拙い記事を読んで下さ..
by angel-heartk at 21:51
ブログにコメント書くの初..
by きょうこ at 18:04
さぁ今年も気合入れて頑張..
by デコログ at 17:15
江島生島事件は、紀州徳川..
by ミント at 14:02
いきなり部屋で秘密文書を..
by angel-heartk at 22:24
忍び込むところは見てなか..
by www at 21:27
こんにちは。同じ本の感想..
by 藍色 at 18:28
NHKマイルカップの鍵を..
by NHKマイルカップ at 19:52
juoitaer-fab..
by おけい at 21:01
はじめまして。「のだめカ..
by jupiter-fabrock at 19:32
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venuspo..
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
2014年版・演技力だけ..
from dezire_photo &..
これから伸びる俳優はだれ?
from dezire_photo &..
夢の守り人 上橋菜穂子
from 粋な提案
卒業―雪月花殺人ゲーム ..
from 粋な提案
のだめカンタービレ最終楽..
from *across the ra..
上野樹里 噂
from 楽しいこと大好き
ブログパーツ
検索
タグ
ファン
ブログジャンル
画像一覧