<   2009年 01月 ( 13 )   > この月の画像一覧
「全1冊 小説直江兼続」 童門冬二
小説 直江兼続

「御館の乱」の後から関が原の戦いを経て、米沢転封までの兼続の人生です。
上杉景勝の絶大な信頼の元で越後の政治と、外交に奔走しながら秀吉、家康など時の権力者との駆け引き、石田三成との友情が描かれます。似たバックグラウンドを持ちながらもひどく評判の悪い三成、思うに豊臣政権のあっけない崩壊はこの三成の嫌われぶりも一つの要因だなぁと思います。
そしてもう一人、兼続のにとって重要な人物が妻の「お船」です。時に弱気になる兼続を励ましながら抜群の政治感覚を発揮する
お船。兼続が上杉家を発展させられた理由の一つだと思いました

続きを読む
[PR]
by angel-heartk | 2009-01-31 22:19 | 読書(歴史・時代小説) | Comments(0)
私も無理があると思っていたけど・・・
初音の設定が変更になるそうですね。


大河ドラマ『天地人』で長澤まさみ演じる役設定が急遽変更(オリコン) - Yahoo!ニュース


年令もそうだけど、長澤さんの役柄もなんだか「巧名が辻」の小りんみたいでちょっといやですね。前回よりはましな役だといいんですけど・・・

続きを読む
[PR]
by angel-heartk | 2009-01-28 21:37 | ドラマ | Comments(0)
「殿といっしょ3」 大羽快
e0138585_21365979.jpg


殿といっしょ 3


今年の主役(?)、直江兼続と「殿」上杉景勝が表紙です。

「ダメ出しじゃありません。愛の言葉です」by直江兼続

続きを読む
[PR]
by angel-heartk | 2009-01-26 21:54 | 漫画 | Comments(0)
天地人 第4回「年上の女(ひと)」
勝利の後の宴

越中の乱を治めた上杉軍は春日山城に戻り宴会の真っ最中。祝いの酒をお船が持参し、宴は大盛り上がりになります。口々に景勝の活躍を自慢する上田衆。兼続も嬉しげに酌をしています。殿もお酒が入ったせいか、(いつもよりは)口数が多くなってお船に話しかけていました。(o^-^o)

久秀と阿部は兼続に「兼続あっての上田衆だぞ」と酔っ払いながらも言います。それを聞いた兼続はまたまた涙(笑)そんな彼にお船は「母上に薬を送っておいた」と声をかけました。


お船とお買物に・・・

景虎と景勝の妹、華姫が結婚することになり、上田衆は二人に婚礼祝いを贈ることにしました。お船に品物を選んでもらうことにした兼続は久秀と直江家に行きますが、兼続だけがお船のお供をすることに・・・久秀はおいてけぼりに(笑)

買物の帰り、雨で雨宿りすることになった二人。兼続が「お船殿は殿のことをどう思っているのですか?」と尋ねると「そなたは私をどう思っているのじゃ」と逆に尋ねられます。気まずくなったまま無言でいる二人でした。

御館にて・・・

織田信長からの使者が来たと知って御館にこっそりと侵入した兼続と久秀。部屋にある屏風を眺めていると異装の女がやって来ます。信長の使者の初音でした。「この屏風をじっくりとご覧下さい」と
言われて眺めていた兼続ですが、あることがひらめき城へ戻りました。

屏風の意味

景勝にねだって(またですが~)謙信に合わせてもらった兼続は屏風が謙信を挑発していると語ります。これには臨席していた景虎達も心を動かしたようで、信長に返礼の使者を送ることにしました。兼続はまたも(!)おねだりして今回は願いがかなうことになりました

「あやつはわしが出来ないことをすることができる」と殿の優しいお言葉で今回はおしまい。次回はいよいよ信長との対面ですね。三成も登場するみたいです。1話の髪型よりこっちの方が良いと思うんだけどな~兼続危機一髪の回になりそう。今回兼続は自分の恋の方に気をとられているせいか、殿とのからみが少なくてちょっと残念!次回もまた少ないのかな~もう少し話をテンポアップして欲しいです。
[PR]
by angel-heartk | 2009-01-25 21:59 | Comments(0)
お大事に・・・
この間ブログに書かれてた症状って、この病気だったんですね。


のだめ作者・二ノ宮知子が「手根管症候群」を公表(オリコン) - Yahoo!ニュース

お仕事もしなきゃならないし、育児もあるから大変でしょうが、大事になさって下さいね。
[PR]
by angel-heartk | 2009-01-21 21:53 | のだめカンタービレ | Comments(0)
天地人 第三回「殿の初恋」
もう一人の養子

川中島で武田の軍勢を目撃した兼続は軍議で京に進軍するよう提案しますが、もう一人の養子、景虎の「今は国内を鎮めるべき」との案が通ります。景勝の発案として発言した兼続でしたが、景虎の方が目立ってしまいました。

軍議の後、「殿を目立たせようと思って言ったのです。殿は景虎殿と比べると、舞でも云々・・・」と色々と話している主従。仲の良さは続いているようです。殿ったら兼続のお尻をペンペンしてましたよ~


出会い

久秀と城下を歩いていた兼続は暴れ馬を見事に静める「お船」と出会います。翌日の晩、宴の席で自分の従姉妹と知る兼続。景勝もお船にお酌をされて一目惚れをしたらしいです。演じる北村さんの演技がちょっと見ものでした。

宴で見事な舞を披露した景虎に対し、景勝は舞を断りますが兼続が上田の踊りを披露し宴は再び盛り上がりました。

殿の初恋

宴の後、景勝は元気がありません。景勝の妹、華姫は「あれは恋煩いじゃ」と言います。兼続は偽手紙でお船と景勝を二人きりにしますが、予想通り(笑)上手く行きませんでした。そうだよね~上手く行ったら史実と違うことになるもの・・・


殿の初陣

いよいよ殿の出陣の日。兼続は「いつも殿の足を引っ張ってすみません」と泣きますが、景勝は「わしはまだ死んでおらんぞ。これでは通夜のようだ」と言います。そして久秀が「兼続は昔から泣き虫だからのう」と合いの手を入れて場がなごやかに。皆の声援に送られて景勝達は出陣して行きました。

母親からの手紙を読む兼続の元にお船がやって来ます。手紙のことを詫びる兼続にお船は「泣き虫」と言います。このセリフ、どこか優しさがこもっているような気がしました。


今回はひたすら殿を目立たせようと頑張るけど、空回りしている兼続の回でした。今はまだ子供のせいか(14歳)上手くいっていませんが、成長するうちに上手くいくのでしょうね。
[PR]
by angel-heartk | 2009-01-18 21:46 | Comments(0)
「ヤッターマン」の映像、「王様のブランチ」で流れる
今朝、「王様のブランチ」の映画コーナーで今年の注目映画を特集してましたが、「ヤッターマン」も流れてましたね~。
一番気になっていた「ドロンボー一味」の映像も公開されてましたが、不安もあった深キョンのドロンジョ様の映像もバッチリ流れてました。

ドロンジョ様の画像がネットでもありました=^-^=

「深キョンドロンジョ様、衣装お気に入り!」

おお、なかなかのもんですよ。セリフを喋っているとちょっと可愛すぎるような気もしますけどね!(o^-^o)
[PR]
by angel-heartk | 2009-01-17 21:40 | 映画 | Comments(0)
「ゴールデンスランバー」 伊坂幸太郎
e0138585_2112432.jpg


ゴールデンスランバー:



仙台で、就任間もない金田首相が暗殺される。やがて容疑者が発表されるが、それは二年前アイドル歌手を強盗から救った青年だった。

続きを読む
[PR]
by angel-heartk | 2009-01-12 21:37 | 読書(ミステリー) | Comments(0)
天地人 第二回 「泣き虫、与六」
雲洞庵での修行、始まる

他の小姓と共に修行を始めた与六ですが、負けん気が強すぎるせいかなかなか他の子供達と馴染めません。喜平次も無口過ぎてまだ小姓たちと打ち解けていない様子。仙桃院や与六の父は心配しますが、住職はただ見守るだけでいいと言います。

大人があれこれ心配するより、成り行きにまかせる方針の住職。なかなかいいなぁと思います。

年が明け、ある日又五郎とケンカした与六はとうとう夜中に寺を抜け出してしまいました。喜平次は住職に「どうしましょうか?」と尋ねますが、住職は「喜平次様が与六を家臣にしたいかどうかです。自分の気持ちを与六に伝えなさい」と言います。

母との再会、そして・・・

家に戻った与六ですが、母に「そなたは越後の子となったのです」と家から出されます。「母上、母上」と扉を叩く与六の声を聞きながら涙する母親なのでした。

本当は家にそのまま置いておきたかっただろうに・・・立派な母上です

家の前でしょんぼりしている与六の前に喜平次が現れ、「帰るぞ」と言いますが、「もう歩けん」と拗ねる与六。喜平次は与六をおぶってやります。帰りながら自分の気持ちを語る喜平次に与六は「生涯お傍を離れません」と泣きながら誓いました。

与六と喜平次の「桃園の誓い」でしょうか。いいですね~こういった男の友情(?)は大好きなので、美しい雪景色と共に印象に残りました。

そして兼続に・・・

月日は流れ、兼続(与六)は川中島に偵察に来ていた所を武田軍に遭遇。危ないところを逃れて春日山城の景勝に知らせます。いよいよ本格的な物語の始まりです。
[PR]
by angel-heartk | 2009-01-11 22:40 | Comments(0)
「日暮らし」 宮部みゆき
e0138585_2133285.jpg






日暮らし


「ぼんくら」の続編。鉄瓶長屋が閉鎖されて1年。かつての住人達はそれぞれ新しい生活を送っていたが、ある事件が起こり、再び同心、井筒平四郎と甥の美少年、弓之助が事件の捜査に乗り出します。(「ぼんくら」を読まれことをお勧めします)

続きを読む(ネタバレあります)
[PR]
by angel-heartk | 2009-01-10 21:52 | 読書(歴史・時代小説) | Comments(0)
  

読書の感想が中心で、時々他の話題も・・・ by おけい
by おけい
プロフィールを見る
画像一覧
最新のコメント
私の拙い記事を読んで下さ..
by angel-heartk at 21:51
ブログにコメント書くの初..
by きょうこ at 18:04
さぁ今年も気合入れて頑張..
by デコログ at 17:15
江島生島事件は、紀州徳川..
by ミント at 14:02
いきなり部屋で秘密文書を..
by angel-heartk at 22:24
忍び込むところは見てなか..
by www at 21:27
こんにちは。同じ本の感想..
by 藍色 at 18:28
NHKマイルカップの鍵を..
by NHKマイルカップ at 19:52
juoitaer-fab..
by おけい at 21:01
はじめまして。「のだめカ..
by jupiter-fabrock at 19:32
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venuspo..
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
2014年版・演技力だけ..
from dezire_photo &..
これから伸びる俳優はだれ?
from dezire_photo &..
夢の守り人 上橋菜穂子
from 粋な提案
卒業―雪月花殺人ゲーム ..
from 粋な提案
のだめカンタービレ最終楽..
from *across the ra..
上野樹里 噂
from 楽しいこと大好き
ブログパーツ
検索
タグ
ファン
ブログジャンル
画像一覧