<   2011年 07月 ( 13 )   > この月の画像一覧
「江 ~ 姫たちの戦国~」 第29話 「最悪の夫」
なんだか上手く感想が書けそうにないですけど、ゴネるお江に結婚を承知させる為には

やっぱり家康のお願いが一番効いたってことですかね~。まぁ彼女が嫁ぐのは決まって

いることなんで特に言いたいことはないですが…

それにしても三成はなんだか益々損な役回りをさせられているようで気の毒ですが、茶々も

先週辺りからそんな感じになってきましたね。ただ、完子との別れを決断するシーンは結構

良かったかな?実際別れは辛かっただろうし。

ところで秀忠との最初のシーン、なんだか「篤姫」と同じパターンでしたね。来週は火事が

起こって二人が仲良くなるらしいですが、あんまり盛り上がらないな~
[PR]
by angel-heartk | 2011-07-31 21:56 | Comments(0)
映画 「嫌われ松子の一生」
平成11年、荒川の河川敷で中年女性の撲殺死体が発見される。殺されたのは川尻松子。
彼女の甥は松子の遺品を引き取りに彼女のアパートを訪れ、松子の知人達から彼女の人生を
聞く。


まるで昼ドラのような転落人生を歩む松子(何故か劇中ドラマに片平なぎさが出てくる)の
人生がすごすぎ…

中学の修学旅行で、教え子が窃盗をしたのに自分がやったことになって教師をクビ!


同棲相手に暴力を振るわれ、その相手が自殺


同棲相手の友人と不倫関係になるも、相手に捨てられる

やけになってソープ嬢になり店のナンバー1になるも、時代の変化で店を首に…

これだけでもすごいのにさらにすごい人生が待ち受けているのですが、凄過ぎて真面目に映像化
すると暗くなりすぎるのでしょう、ポップな映像とコメディタッチの演出で軽い雰囲気に仕上がって
いました。原作はやっぱりシリアス路線なんでしょうかね。

子供の頃、病弱な妹ばかり可愛がられて自分は愛されていないと思っていた松子は愛情に飢えていた
せいか、一人でいることに耐えられない人で、やっぱり自分とどこか似ている人物を好きになって
しまうようで、その辺が辛いよなぁ~せめてまともな人生を歩んでいる人ならいいんですけど、普通の人は彼女を裏切るし…

そんな松子が最後にもう一度人生をやり直そうとしたのにああいった結末を迎えてしまうとは…
なんだかちょっと切ない作品でした。
[PR]
by angel-heartk | 2011-07-27 21:40 | 映画 | Comments(0)
「テンペスト」 第2話 「王妃処分」
聞声大君に女であることを知られてしまった寧温は、兄を人質に取られて彼女の言うとおりの
仕事をしなければならなくなります。高い地位についている寧温を殺さず、利用するほうが
得策だと考えたのでしょうか?

一方、王妃は女官大勢戸部と聞声大君の追い落としの相談をしていました。それをあがま(見習い
女官)の思戸が伺っていました。実はおばかな振りをしていても彼女は聞声大君のスパイをつとめ
ていたのですね。私の好きなキャラクターがまた登場しました。このドラマでも活躍してくれると
いいんですが…

王妃達の企みを知った聞声大君は彼女達の企みを暴露し、王妃が「廃妃」となるよう寧温に命じます
ただ、聞声大君はライバルだから「廃妃」にした訳ではなく、御内原で不正が行われているのを察知して王妃を遠ざけようとしたらしいです。そこまで「鬼」ではなかったのか…

聞声大君の命で、薩摩からの「御殿増築費用」を借り受ける為の条件として「科試」の問題を漏洩することになった寧温は使いの薩摩藩士が朝倉だと知って崖から身を投げます…
嫌々聞声大君の言うことを聞いていても、朝倉を見て純真な頃の自分と今の自分を比べていたた
まれなくなったんでしょうね。次回は寧温が巻き返しの一手を打ち、そしてガックンがいよいよ
本格的な登場?原作をどの辺まで再現するんでしょうか。
[PR]
by angel-heartk | 2011-07-25 21:12 | ドラマ | Comments(0)
「江 ~ 姫たちの戦国~」 第28話 「秀忠に嫁げ」
タイトルは「秀忠に嫁げ」だけど実際は「秀次の死」が中心でしたね。先週から秀吉の眉毛

が無くなってましたが、狂気を表現したつもりなんでしょうが秀次役の北村さんの演技の

ほうが良かったのであまり効果がなかったなぁ~

そして三成も茶々の為に色々と画作してましたが、一応罪悪感はあるらしい…つくづく恋愛

が理由になる作品だ。

秀次は静かに切腹を受け入れてましたが、あれは秀吉を(精神的に)見限ったような感じ

ですね。しつこいけれど北村さんの演技が堪能できたのは良かったかな?なんだか好きな

俳優がどんどんいなくなるのは寂しいです。
[PR]
by angel-heartk | 2011-07-24 22:00 | Comments(0)
映画 「アンダルシア 女神の報復」
映画『アンダルシア 女神の報復』OFFICIAL SITE


スペイン北部に隣接する小国アンドラで日本人投資家が殺害された。外交官の黒田は事件
解決の為、パリからアンドラに向かい第1発見者の進藤結花に事情を聞くが結花は姿を
消してしまう…


外交官の黒田が活躍するシリーズ第2弾(映画版では)前作では犯人の行動がかなり
無理な展開でしたが、今回はマネーロンダリングをテーマにしている為、前作よりも
リアリティのある内容になっていたと思います。スペインの美しい景色も前作同様
見所だし。

もし第3弾が作られるとしたらどこが舞台になるんだろう?個人的にはフランスの
モンサンミッシェルがいいんですけど。もし実現したら観光客が増えそうだなぁ(笑)
[PR]
by angel-heartk | 2011-07-19 20:56 | 映画 | Comments(0)
「テンペスト」 第1話 「龍の子」
楽しみにしていた「テンペスト」とうとう始まりました。1話でいきなり真鶴誕生から
科試受験、主席合格&父の処刑、兄との再会、聞声大君に「女」だとばれるところまで
一気に進みました。そうとは言え、意外と原作にほぼ忠実でしたね。

唯一違ったのは朝倉雅博との出会いのシーンでしたね。原作だと役人になった真鶴と
出会うのですが、ドラマではまだ役人になる前の真鶴に一目ぼれしていきなり琉歌を
読んでました。このシーン、真鶴が中国語で本を読んでいたのがいいですね~容姿だけで
なく、彼女の聡明な部分も朝倉は好きになったように描かれていました。

今回、徐丁がいは顔見せ程度でしたが(それでも気持ち悪さは出てました。ガックン怪演)
聞声大君は出番も多く、高岡さんがかなり頑張っていたのでそれらしい風格もあったと思い
ました。次回王妃がピンチになりそうですが、ここで原作通り展開するとなると次回はもう少し
ゆったりとした展開になるのかな?出来れば思戸が登場するといいなぁ~終盤近くの貫録
たっぷりのシーンが見たいので。
[PR]
by angel-heartk | 2011-07-18 21:30 | ドラマ | Comments(0)
「江 ~ 姫たちの戦国~」 第27話 「秀勝の遺言」
本日は外出していた為、「江」が後半しか見られなかったんですが、簡単に感想を書きます。

お江ちゃん宛ての秀勝の手紙、届くのが遅くないですか?

普通は「秀勝死亡」の知らせと同時に届くと思うんですが…

そして、何時の間にやらお江と秀次は仲良くなって秀次はお江に相談をしてましたね~

これってもろに次回への伏線じゃないですか~北村さんもとうとう退場するのは寂しいなぁ~
[PR]
by angel-heartk | 2011-07-17 21:56 | Comments(0)
映画 「ソルト」
CIAエージェントのソルトはロシアからの亡命スパイによって「二重スパイ」の疑いを
かけられて同僚から追われ、逃亡することに…


アクション映画としてはまぁ普通の感じのアクションシーンが多い映画でしたが、アンジー演じる
ソルトのキャラクター設定が少しヒネリがあってそこが良かったと思う。人間はどんなに訓練されても「感情」を持つ「生き物」だから、ソルトも愛する夫の為、ああいった行動を取ったのだと思った

あのラストだと続編を作るつもりがあったのかな?
[PR]
by angel-heartk | 2011-07-11 22:13 | 映画 | Comments(0)
「江 ~ 姫たちの戦国~」 第26話 「母になる時」
朝鮮出兵で父が留守中のせいか思いっきり羽を伸ばしているヒネ忠秀忠ですけど、

この人普通なら「廃嫡」されるだろう~おまけに守役もあまり厳しく叱らんし…この秀忠を

好きな視聴者ってあまりいないんじゃ…これじゃあ先が思いやられます。

そしてお江の夫、秀勝も朝鮮に向かいました。一体いつ病気で倒れるんだろうと見ていたら…


役名もない雑兵が秀勝が朝鮮の民衆を庇おうとしたのを誤って斬り付けた傷が元で死亡ですと?

ちょっと…ひどくないですか?部下に誤って斬られるくらいなら、何だかよく判らない病気に

かかって死んだ方がマシだろうに…

おまけに秀勝の死を知らされたお江が急に産気づくのもわざとらしいですよ。最も辛い話を聞かされ

た後の出産だなんて、ドラマとはいえお江が可哀そうになりました。
[PR]
by angel-heartk | 2011-07-10 22:01 | Comments(0)
夏ドラは「男装女子」がいっぱい!
そろそろ夏ドラマが始まりますが(一部始まっているか…)今回のクールは男装する女優の
ドラマがやたら多いですよね。

「美男ですね」と「イケパラ」はそれこそ正統派の「男性ばかりの所に男装女子が入って行く」
ドラマだし、よくよく考えてみれば「テンペスト」も歴史ドラマではあるけれども「男装女子」
が活躍する話です。

「男装」ではないけれど、「IS」も男性の心を持っている「戸籍上は女性」の主人公だし。
でも、この主人公は抱えているものは重いですけど…

ただ、余りにも似た内容が重なるのは何だかなぁ~重ねるつもりはないのだろうけど、人間似たような
ことを考えてしまうのでしょうか?
[PR]
by angel-heartk | 2011-07-09 21:07 | ドラマ | Comments(0)
  

読書の感想が中心で、時々他の話題も・・・ by おけい
by おけい
プロフィールを見る
画像一覧
最新のコメント
私の拙い記事を読んで下さ..
by angel-heartk at 21:51
ブログにコメント書くの初..
by きょうこ at 18:04
さぁ今年も気合入れて頑張..
by デコログ at 17:15
江島生島事件は、紀州徳川..
by ミント at 14:02
いきなり部屋で秘密文書を..
by angel-heartk at 22:24
忍び込むところは見てなか..
by www at 21:27
こんにちは。同じ本の感想..
by 藍色 at 18:28
NHKマイルカップの鍵を..
by NHKマイルカップ at 19:52
juoitaer-fab..
by おけい at 21:01
はじめまして。「のだめカ..
by jupiter-fabrock at 19:32
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venuspo..
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
2014年版・演技力だけ..
from dezire_photo &..
これから伸びる俳優はだれ?
from dezire_photo &..
夢の守り人 上橋菜穂子
from 粋な提案
卒業―雪月花殺人ゲーム ..
from 粋な提案
のだめカンタービレ最終楽..
from *across the ra..
上野樹里 噂
from 楽しいこと大好き
ブログパーツ
検索
タグ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧