<   2011年 08月 ( 21 )   > この月の画像一覧
映画 「日輪の遺産」
8月27日 全国ロードショー 映画『日輪の遺産』公式サイト

昭和20年8月。帝国陸軍の真柴少佐はある重要任務を命じられる。それはマッカーサーの財宝900億を隠匿せよとのものだった。任務にあたるのは真柴と元大蔵省官僚の小泉、二人の護衛を務める
望月曹長。そして20人の女学生と引率の教師だった。


想像した以上に良い作品でした。ストーリーそのものはフィクションのようですが、日本が負けた
後のことを考えて色々と準備をするのはひょっとしたらあるかもしれないなぁと思いました。
少女達があのような決断をしてしまったのはいくら「日本の未来の為」と言ってもやっぱり辛い
ですよ~殺されてしまったのではなくて、自分達で決めてしまったのですから。

堺さんを始め、3人の軍人達を演じる俳優陣が素晴らしかったです。実戦経験のない軍人役の
堺&福士君は元より、たたき上げの曹長役の中村さんは強面でも心優しい軍人役を好演して
ました。生徒役の少女達が格好いいと言った理由がようやく判りました。

「日輪の遺産」とはマッカーサーの財宝と言うよりむしろこの作戦にかかわった全ての人達の
「想い」だと思いました。
[PR]
by angel-heartk | 2011-08-31 21:48 | 映画 | Comments(0)
「テンペスト」 第7話 「再び王宮へ」
八重山から首里に「女」として戻ってきた寧温。でも、本人の望みと違って「側室候補」
として呼ばれていたんですね~、質素な格好で王宮に上ったものだから他の候補に「地味な
格好だわ」とか馬鹿にされますが、朝薫の従妹である真美那が着物を貸してくれることに…
真美那は寧温=真鶴のことが気に入ったらしくて、自分が側室に選ばれたにも関わらず、
真鶴も側室に選んでくれと「真美那泣いちゃう」と泣き落しで承知させます。まぁ彼女が
有力者の孫娘だから承知してくれたんでしょうが、「泣いちゃう」で何でも思い通りに
なるなら楽でいいよな~(笑)

王宮に入って外に出られなくなった真鶴ですが、サトウキビを取りに行く為に外に出る許可
が降ります。その時朝倉や兄やおばぁに再会します。兄は墓守にされてしまっていましたが、
この辺はやっぱり原作通りにいくのかなぁ。

一方、ジュリになった真牛は占いの仕事も遊郭でやってましたが、なんと占い以外の客は金縛りに
合わせて「床入り」しても何も出来ないようにしてたんですね~原作だと「客を取って」
いましたが、ドラマの方が納得がいくよなぁ~熱心な客である津波古に色々と商売上のアドバイス
をしてましたが、真牛は恋をしたらしく瞳の色が普通になってしまいました。やっぱり霊力が
衰えてしまったんですかね~これもやっぱり原作通りの展開になるのかも。

とうとうペリー艦隊が琉球にやってきてしまいました。次回はどうやら王様に自分が寧温だと
打ち明けるみたいですが、来週からは寧温=真鶴の二重生活が始まりそうです。
[PR]
by angel-heartk | 2011-08-30 21:16 | ドラマ | Comments(0)
「人間昆虫記」 第5話 「天牛(かみきり)の章・前編」
テロリストに捕まった十枝子はジャパンバイオエネルギーの専務、釜石に
買い取られる。次期社長の座を狙う彼は強運の持ち主の十枝子と本気で
愛した方が全財産を譲るという約束で契約結婚をする。十枝子は釜石の
秘書が副社長と何かを企んでいることに気付き、彼女を誘惑して情報を
得るが、釜石の子を妊娠していることに気付く。さらに水野が自分そっくりの
しじみと結婚したことを知った十枝子はしじみに自分の身代りをしてくれる
ように依頼するが…

今週は天牛の章。「かみきり」と読みます。カミキリムシは害虫でもあるけど、
昆虫マニアには人気のある種なんだとか。

つまり、マニアである釜石がカミキリムシ=十枝子を収集したといったところ
でしょうか?この釜石、大きな願かけをするときは必ず「人形」を手に入れる
とのことですが、今度は「生きた人形」として十枝子を手に入れました。それに
しても、真面目そうな顔をしてかなりの変態ですよ、この人。もう一人手に入れた
いからと十枝子を妊娠させようとして成功してるし…さすがにこんな男の子供は
欲しくなかったらしくて堕胎してしまいましたが。もう一人の「人形」のほうは
あっさり処分されてしまいましたが、ラストに十枝子が何かやらかしそうな
気配だったので、次回に期待しましょう。

そして水野はやっぱり不幸になりそう…しじみはもう長くなさそうだし。
[PR]
by angel-heartk | 2011-08-29 21:37 | ドラマ | Comments(0)
「江 ~ 姫たちの戦国~」 第33話 「徳川の嫁」
秀吉が亡くなったことで、家康がブラック化してきたました。今週はさすがに関ヶ原前だけ

あって緊迫したシーンもあって結構良かったですね。それにしてもようやく福島だの加藤

だのがようやく申し訳程度だけど、出てきてくれました。そして黒田官兵衛も久々の出演

でしたね(あと秀康も出てきた。この人も久々だ)

一方、江戸のお江も加賀さん演じる大姥局の登場で少し活気が出てきました。まぁお江に

とってうざい姑のような存在だけど、加賀さんはどこか憎めない存在ですね。今回産まれた

のも「姫」でしたが、あの時代は男の子を産まないのは肩身が狭いよな~とつくづく思いました。
[PR]
by angel-heartk | 2011-08-28 21:56 | Comments(0)
ARATAの秋ドラマ情報!
もうそろそろ大河ドラマの準備に入るのかと思っていたら、秋のドラマに出演するんですね~


フジの新木10ドラマは榮倉&菅野の壮絶なラブバトル!! (webザテレビジョン) - Yahoo!ニュース


管野美穂さんと共演するとは…ちょっと驚きましたね~しかも思いっきり恋愛ドラマだし。


蜜の味~A Taste Of Honey

タイトルが思いっきり昼メロ風ですが(笑)、内容もドロドロしてそうだなぁ。今回のARATA
は格好いい青年らしいから、もう「鼠先輩」なんて言われないよね~公式HPの写真も格好いい
のを使ってるし(笑)いづれまた映像が出来たら新たなARATAが(シャレみたい)観られる
ね。
[PR]
by angel-heartk | 2011-08-26 22:00 | ドラマ | Comments(0)
「心星ひとつーみをつくし料理帖」 高田郁
e0138585_21235986.jpg









Amazon.co.jp: 心星ひとつ―みをつくし料理帖 (ハルキ文庫 た 19-7 時代小説文庫): 高田 郁: 本


前巻で小松原こと小野寺数馬の妹が兄の為に一肌脱ごうと決意していましたが、今巻は
まさに澪にとって公私に渡っての重要な決断を迫られる大きな転換の話でした。
登龍楼と吉原からの魅力的な話や小野寺との縁談は恐らくこうなるだろうな~と思って
いましたが、澪が己の道を進む為にはまだまだいくつもの困難が待ち受けていると思うと、
改めて澪の強さを感じさせる話だったと思います。

あとがきのような「かわら版」によると結末はもう決めてあるそうですが、これから
話は後半に向かうのでしょうか?澪が「料理人」として一人の「女性」としての幸せ
を見つけてくれるといいなぁと思います。
[PR]
by angel-heartk | 2011-08-24 21:24 | 読書(歴史・時代小説) | Comments(0)
「テンペスト」 第6話 「八重山の流刑者」
徐丁がいを殺害したことにより、逮捕された寧温。朝倉の嘆願もあったのか、八重山に
一世流刑となります。それにしても、回想シーンでもガックンは濃ゆいなぁ~朝薫に
寧温が第一尚氏の末裔だとばらし、彼の嫉妬心も煽って寧温を憎むように仕向けました。
死んでもなお、寧温を苦しめるとは…これでもう最後とはちょっと寂しい。

八重山にたどり着いた寧温は誤解の解けた朝薫の計らいで丁重に迎えられ、またもや外交
問題もあっさりと解決しますが、彼女を恨む元御物奉行の命で豚小屋(!)に入れられ、
マラリアを発病したため山に捨てられてしまいます。ここまでは原作通りですが、ここで
以前予想した通り元女官大勢戸部が再登場しました。山に捨てられた寧温を助けるのが
彼女なんですね~原作だと巫女の老女だったけど、上手いアレンジだなぁ~

首里城に戻る為、大勢戸部に機織りを教わり、3年の月日が流れます。まるで母子のような
二人のやり取りが素敵で、ここは原作より良い感じですね。結局献上した上布よりも真鶴の
踊りが在番奉行の目に適って真鶴は首里に戻れることになります。真鶴が踊った「花風」は
舞台同様、仲間さん、上手でしたね~どっちかと言うと仲間さんは寧温より真鶴の方が、
自然な演技だったと思いました。

次回は真牛がまた何かあるのか?一緒にいたのはひょっとして津波古かな?ひと波乱ありそう
で楽しみです。
[PR]
by angel-heartk | 2011-08-23 21:31 | ドラマ | Comments(0)
「人間昆虫記」 第4話 「浮塵子(うんか)の章」
政治家の甲は蟻川と十枝子を呼び出し、「次は十枝子が殺し屋になる」と
予言する。蟻川は生意気な十枝子の態度に激昂して彼女を襲うが、逆に
彼女に誘惑されてしまう。蟻川がシャワーを浴びている隙に彼とその仲間が
計画した「首相暗殺計画」のデータを盗んだ十枝子はそれを元に小説を発表、
それを知らない蟻川達はテロを実行しようとするが…


今週は「浮塵子の章」。「うんか」と読むんですね~「雲霞のごとき」と
言った言葉もありますが、浮塵子はイネを食い荒らす害虫のことなんだそう。
害虫=テロリストといった単純な発想をしてもいいのかな?70年代に書かれた
作品だけあって、これは時代を感じさせるストーリーでしたね。

とは言え、今回の十枝子はいつも通りターゲットを破滅させたものの、彼の
背後にいる「仲間」の存在を忘れていたのは痛いなぁ~小説は事件が解決
してから発表すれば良かったのに。最後にどこかに連れていかれていましたが、
一体どうやってピンチを切り抜けるんでしょう?これぐらいの「試練」がなきゃ
「悪女」とは言えないですよね~

一方水野ですが、しじみと結婚しましたね~。まだ仕事には未練がありそう
ですが、彼は元の仕事に戻って十枝子にまた利用されるかもしれないと思って
いるのかもしれないですね。しじみとはいい感じで暮らしているみたいですが、
そうは問屋が卸さないみたいで、しじみは具合が悪そう…やっぱり水野は
幸せになれないんでしょうか?
[PR]
by angel-heartk | 2011-08-22 21:46 | ドラマ | Comments(0)
「江 ~ 姫たちの戦国~」 第32話 「江戸の鬼」
妹と母が話しているのが煩くてほとんど集中出来なかったけど(オイ)秀吉が亡くなった

ことで色々と不穏な動きが出てきたことにより、秀忠とお江は江戸に行くことになりました。

それにしても、今回の大河は「関ヶ原のことは三成が全て悪い」となりそうですね。最近まで

は「秀吉が悪い」となってましたが…お江は「仮想敵」を作らないとすまない性格なのかなぁ。

最後に江戸についたお江の前に秀忠の乳母、「大姥局」が登場しました。手ごわそうだし、

演じるのが加賀まりこさんだからちょっと期待したいです。
[PR]
by angel-heartk | 2011-08-21 21:58 | Comments(0)
「テンペスト」 第5話 「宦官の野望」
話自体は余りにも大急ぎすぎの展開で、国相に就任した徐丁がいの野望も余り描かれて
いなかったけど、がっくんがストーリーの「穴」を埋めようと奮闘してくれましたね~

それにしても、徐は原作ほどでないけどやっぱひどすぎるわ~御内原の女官を襲うシーン
こそないけど、寧温を襲うはそれだけでなく兄の嗣勇までも襲うとは…BSだからか
限界ぎりぎりの兄のセクシーショット(?)もあったりして、思い切りましたね。

最後は馬天ノロの勾玉のおかげでなんとか助かりましたが、これって真牛の力も多少は
働いてるのかなぁ~祈りの最中に勾玉が寧温を救った訳だし。

次回は八重山に流刑になった寧温が大勢戸部に再会するらしい。で、最後のシーンは
やっぱり首里に戻るのかな。展開の早い作品だからそれくらいはやりそうだ。
[PR]
by angel-heartk | 2011-08-16 21:16 | ドラマ | Comments(0)
  

読書の感想が中心で、時々他の話題も・・・ by おけい
by おけい
プロフィールを見る
画像一覧
最新のコメント
私の拙い記事を読んで下さ..
by angel-heartk at 21:51
ブログにコメント書くの初..
by きょうこ at 18:04
さぁ今年も気合入れて頑張..
by デコログ at 17:15
江島生島事件は、紀州徳川..
by ミント at 14:02
いきなり部屋で秘密文書を..
by angel-heartk at 22:24
忍び込むところは見てなか..
by www at 21:27
こんにちは。同じ本の感想..
by 藍色 at 18:28
NHKマイルカップの鍵を..
by NHKマイルカップ at 19:52
juoitaer-fab..
by おけい at 21:01
はじめまして。「のだめカ..
by jupiter-fabrock at 19:32
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venuspo..
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
2014年版・演技力だけ..
from dezire_photo &..
これから伸びる俳優はだれ?
from dezire_photo &..
夢の守り人 上橋菜穂子
from 粋な提案
卒業―雪月花殺人ゲーム ..
from 粋な提案
のだめカンタービレ最終楽..
from *across the ra..
上野樹里 噂
from 楽しいこと大好き
ブログパーツ
検索
タグ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧