<   2012年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧
平清盛 第17話 「平氏の棟梁」
忠盛が亡くなり宗子は出家して池禅尼と名乗り、清盛が家督を継いだ第17話ですが、棟梁としてはまだまだのようです。それは時子も同じようで、宴に出す食事の量が足りなかったりと色々と失敗したりしています。今週はそんな清盛夫婦のと家族の話が中心でした。正直いって最近、平氏のホームドラマが中心でイマイチ盛り上がれないので、余り、書くことがないんですが・・・


清盛、先妻のことを持ちだしてはいかんだろう!

死んだ人と比べられるのは辛いよね。まぁ、これは時忠が清三郎に色々と言ってしまったのが原因なんだけど、彼も姉が心配だったからだけどね。

そして、今週からはいよいよ崇徳&雅仁の兄妹の出番が増えてきました。雅仁に「今の帝が亡くなれば、次の帝は重仁様」と言われて動揺している崇徳院。いよいよ、後継者争いが始まりますな~

鳥羽院はどうやら、崇徳に対しての気持ちが変化してきた模様。得子も崇徳に和歌のことで嫌みを言っていましたが、前よりは気持ちに余裕が出てきたようだし。璋子が亡くなったせいかもしれないですね。

来週はいよいよ後白河が即位ですか、そして祇園女御が再登場ですね。崇徳院の悲劇が繰り返しそう。
[PR]
by angel-heartk | 2012-04-30 21:19 | 平清盛
「チェーザレ 破壊の創造者」 9巻 惣領冬実
e0138585_21271933.jpg








Amazon.co.jp: チェーザレ 破壊の創造者(9) (KCデラックス): 惣領 冬実: 本

フィレンツェのロレンツオ・デ・メディチの病状が思わしくない中、ナポリと教皇が同盟を結び「三国同盟」は破たんします。またもやコンクラーベを控えたローヴェレ枢機卿の策略でした。益々政治は混迷してきていますね。果たしてついていけるだろうか・・・私w

そんな中、フィレンツェを訪れたミゲルはアンジェロの祖父を訪ねて暖かいもてなしを受けました。アンジェロの偏見のない物の見方はこの祖父と暮らしたことも大きい様な気がします。もちろんフィレンツェという土地柄も大きいのでしょうけど。

ピサに戻ったチェーザレの勧めで「閣下」に仕えることを決心したアンジェロ。閣下も嬉しそうでしたね。最初は
意地悪そうな感じでしたが、閣下は穏やかで優しい人です。アンジェロもいい主君に仕えられて良かったなぁと思いました。
[PR]
by angel-heartk | 2012-04-26 21:40 | 漫画
平清盛 第16話 「さらば父上」
忠盛パパの最期の回。このドラマを支えていた忠盛がついにいなくなってしまいました。死が近づいたことで舞子のことをしきりと思い出す忠盛ですが、「果たして自分は志を遂げられたのか?」とふと思うのでした。

そんな日々が続いていますが、清盛は安芸守に任じられて安芸国に向かいます。安芸の守護社である厳島社はボロボロな状態ですが、神主の主催で歓迎の宴も開かれたりします。この神主は温水さんが演じてましたね~ちなみに兎丸の部下の春夜と桃季が社で働いていました。この二人、これからストーリーに絡んでくるのでしょうか?

そして朝廷では忠通の屋敷を忠実の命で為義が襲い、摂関家の氏長者の証である「朱器台盤」が奪われて
頼長に渡されます。頼長は「内覧」の地位も得て、飛ぶ鳥を落とす勢いです。恨めしそうな顔をしている忠通が怖いwそんな頼長を陥れようと得子が罠をしかけてきます。

ある日頼長の屋敷の前を、下馬せずに家成の家人が通り過ぎたことで頼長は激怒し、源氏に家成邸を襲わせます。そのことで、義朝と為義は決定的に亀裂が走ってしまいました。そして平氏は得子に頼長邸を襲えば
公卿にすぐ推薦すると持ちかけられます。

「自分達は院と摂関家の小競り合いに巻き込まれる為に戦ってきた訳ではない。」と、言う清盛の言葉を受けて、「武士の世を作る為に」と忠盛は言います。恐らくこのことがきっかけで、清盛をはっきりと後継者と決めたのでしょう。一族を集めて後継者は清盛と宣言しました。

再び安芸に向かった清盛は夢の中で忠盛と立ち会いをします。このシーン結構良かったなぁ~でも、海に向かって叫ぶシーンは蛇足かな。じっと海を見つめているだけでも良かったかも。

おまけ

崇徳院の妹にして雅仁の姉である、統子内親王が出て来ました。統子は白猫を飼っているんですね。置き眉が似合っていました。高貴な雰囲気もあったし良かったんじゃないでしょうか。八条院はいつか出てくるんでしょうか?
[PR]
by angel-heartk | 2012-04-22 22:29 | 平清盛
「舟を編む」 三浦しをん


e0138585_21515021.jpg





Amazon.co.jp: 舟を編む: 三浦 しをん: 本


玄武書房に勤める馬締は辞書編集部にスカウトされ、持ち前の根気強さと「言葉」に対する興味から辞書「大
渡海」完成の為に心血を注ぐことになります。

今年の「本屋大賞」に選ばれた作品。去年が「アレ」だったのであまり期待していなかったのですが、なかなかどうして、注目されることの少ない「辞書編集部」に焦点を当てた人間ドラマは面白かったです。それにしても、この部署以外では役に立ちそうもない馬締が辞書編集部で水を得た魚のごとくに活躍するのはいいものですね~そんな彼を支える普通の人達も徐々に感化されて、辞書完成にまい進するのが楽しかったです。
[PR]
by angel-heartk | 2012-04-21 21:52 | 読書(ファンタジー・その他)
平清盛 第15話 「嵐の中の一門」
家盛が急死し、嘆き悲しむ宗子。家盛が死んだのは清盛が神輿に矢を射たからだと責める忠正。家盛の死によって今まで表に出てこなかった心の暗い部分が出てきた回でした。

家盛の喪が明けた後、忠盛は高野山の焼失した仏塔の再建をすることになり、清盛を責任者にしてもらうことにします。高野山に昇った清盛と盛国は、出家した義清(西行)に再会します。それにしても出家しても義清は美形だなぁ~鳥羽院に続き「美坊主図鑑」に載れそうな人がまた登場しましたw相変わらずモテモテで里の女達が色々と野菜を届けてくれるみたいですね。

一方、朝廷では頼長の養女、多子が入内します。忠通は頼長との養子縁組を解消し、自分の養女である呈子を入内させます。このことによって、関白と左大臣の兄弟の争いが始まります。ちなみに義朝の説得で常磐が呈子の雑仕女として出仕することになりました。多子さんはそこそこ可愛いけれど、呈子さんはちょっと・・・忠通は周りを華やかにすることで、話題作りをしたんですねw

そしてもう一組、火種を抱えた兄弟が・・・崇徳上皇と雅仁親王は政治から遠ざけられ、静かに暮らしていました。今様を謡う弟に崇徳院は皇位を望んだことはないのかと尋ねますが、雅仁は興味がないと答えます。でも、彼が歌っている様子はとても冷静な感じではなく、どこか怨念のような物が感じられます。兄のほうは気が付いていないようですが。

得子に仏塔再建がなった後に公卿となるよう口添えをしてもらえることになった忠盛ですが、頼長から衝撃的は話を聞かされます。なんと、頼長と家盛の関係を聞かされてしまったんですね。大ショックの忠盛。そしてやっぱり傍に付いていたのは秦公春だった・・・それにしても頼長様、先週に続き鬼畜過ぎるよ~よく忠盛に絞殺されなかったよ・・・

絵師と共に曼荼羅図に筆を入れていた清盛の元を忠盛が訪れ、仏塔再建はなしだ!と言います。それでも絵に筆を入れ続ける清盛を忠盛は殴ります。額から流れる血も気にせず色を付ける清盛。絵具に血が混じってしまいましたが、この曼荼羅図に清盛の血が入っているのは本当らしいですね。それを見た宗子は「家盛が笑っている、兄上によろしくと」と頬笑みます。このシーンちょっとよく判らなかったけど、三上さんの時と同じく和久井さんの演技に助けられた感じですね。それはともかくとして、平氏一門は再び結束しました。が、源氏はどうやらそうはいかないようです。

次回は忠盛が退場か~ちょっと寂しいなぁ~そして政治は益々佳境になっていきそうです。

おまけ

久しぶりに崇徳院が登場して嬉しかった。上皇になったから服装もラフになりましたね。この衣装も立ち姿がいいから新にはお似合いでした。そして、雅仁の謡う今様はすごく意味真だったなぁ~高松局のHPで意味が判るので興味がある方は覗いて見て下さい
[PR]
by angel-heartk | 2012-04-15 22:20 | 平清盛
平清盛 第14話 「家盛決起」
清盛は家盛から「兄上を嫡男とは認めない」と宣言されてしまいました。先週、舞子の形見の「鹿角」を見つけてしまった宗子の、家貞との会話を聞いてしまったのですね~母が望むから清盛を嫡男として立てていたけれど、もう母を苦しませたくないから・・・と家盛は言ったのでした。

例の事件の為、祭りで舞う「舞人」の座も家盛に取られてしまった清盛。祭りで華麗に舞う家盛を「あの人」が
ジーっと見ておりましたw「家盛、危険よ逃げて~」と心の中で言いたくなりました。

家盛は清盛が謹慎して以来、順調に出世して行きます。そんな中家盛に目を付けた頼長が家盛を自宅に招き、こう囁きます。「私が力になってやろう」そうして家盛を・・・このシーンどう演出するのかドキドキしましたが
妖艶だけど、下品な感じにはならなくて良かった・・・几帳越しのラブシーンのせいかな?お付きの人がタイミングを図ったように姿を消すのもいいですねwあれは秦公春だろうか・・・

すっかり家盛が跡取りな雰囲気が出来上がってしまった清盛。寂しげですが、そんな時でも時子はしっかりと
清盛を見守っていますね。あの明るさが清盛を慰めていたんですね。清盛としては普通の兄弟でいたかったろうに、例の事件のせいで(清盛のせいか)普通でいられなくなってしまいました。

頼長の屋敷に招かれた家盛は、頼長から「本心」を聞かされて愕然とします。家盛を贔屓していたのは、彼を買っていたからではなかったんですね。彼が「御しやすい性格」だったことと、見目が良かったことが原因だったとは・・・頼長様、「悪のオーラ」全開で再び家盛に迫ります。今度はかなりワイルドな感じで、鸚鵡がバサバサと羽をばたつかせておりました・・・

鳥羽院の熊野詣でに随行した家盛は、帰路に幼い兄弟が遊んでいるのを見て、自分達兄弟の子供の頃を想いだします。兄を想いながら馬から落ちて行く家盛・・・次回は、平家一門に嵐の予感。そして崇徳院が久々の登場です。
[PR]
by angel-heartk | 2012-04-08 22:38 | 平清盛
「夏天の虹 みをつくし料理帖」 高田郁
Amazon.co.jp: 夏天の虹―みをつくし料理帖 (角川春樹事務所 (時代小説文庫)): 高田 郁: 本e0138585_21421117.jpg



小松原との別れを決意した澪。自分の気持ちを小松原に伝えようとしますが・・・


前巻のラストで別れを決意した澪がどうやって小松原との別れを伝えるのか、かなり心配でしたが、やっぱり小松原さんは「漢」でした。澪が「料理人」として生きていけるよう後押しをするような決着の付け方でしたね。
澪に対する愛情の深さが胸にきます。
そしてこの巻ではさらに澪にとって悲しい出来事が続きます。この展開だと、次巻はまた新たな展開が待っているのでしょう。どうか澪と周囲の人達が幸せをつかんでくれますように・・・と願わずにはいられない話しでした。
[PR]
by angel-heartk | 2012-04-07 21:50 | 読書(歴史・時代小説)
平清盛 第13話 「祇園闘乱事件」
祇園社に田楽を奉納に行った清盛一行は、祇園社の神人達と乱闘になります。祇園社の上にあたる延暦寺の僧、明雲は早速鳥羽院に訴えます。なかなか処分の下らないことに業をにやした明雲は神輿を持ち出し、
強訴に繰り出します。当時は「祟り」を恐れていたからこれを持ち出されたらたまらんよな~強訴には「鬼若」こと後の弁慶も加わっておりました。意外に早い登場ですね。強訴を防ぐ為に神輿を外して矢を射る源氏達でしたが、清盛が神輿を狙って矢を射た為、大騒動になります。

忠盛は清盛と共に検非違使庁に出頭して、沙汰を待つことになります。二人の処分を巡って鳥羽院の側近達の思惑が明らかにされました。

これを機に平氏を処分してしまおうとする忠実、禁忌を犯した清盛を処分したい頼長。鳥羽院にとって平氏が大事な存在であることを知っている忠通と信西は清盛擁護に回ります。これによって、頼長と信西の仲も悪くなってしまいました。これ、「保元の乱」の伏線になっていますね。

鳥羽院は「忠盛親子を許すことは白河院に操られているような気がする」と迷っているよう・・璋子が死んで以来、張り合いがなくなっていたらしい得子は、今度は政治に興味を持ち出したようで(笑)鳥羽院も得子を頼りにしているようですね。

迷う鳥羽院は清盛の元を訪れ、「朕を射てみよ」と言います。矢を射るまねをする清盛。鳥羽院は自分の胸を見て「血が流れておる、白河院の血が」と笑いだします。このシーン、よく判らないけど、三上さんの演技がすごいものだから、圧倒されてしまった。すごいよな~

鳥羽院はふっ切れたのか、罰金で済んだらしく、清盛は帰宅することが出来ました。ちょうどその直前に時子が男子を出産し、無事対面を果たしたのですが、屋敷を訪れた家盛が「自分は兄上を嫡男とは認めない」と宣言したことで、また破乱がありそう・・・

そして、予告であの「お方」があんなことを・・・思い切ったことをやりますな~NHKは
[PR]
by angel-heartk | 2012-04-01 22:20 | 平清盛
  

読書の感想が中心で、時々他の話題も・・・ by おけい
by おけい
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venuspo..
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
2014年版・演技力だけ..
from dezire_photo &..
これから伸びる俳優はだれ?
from dezire_photo &..
夢の守り人 上橋菜穂子
from 粋な提案
卒業―雪月花殺人ゲーム ..
from 粋な提案
のだめカンタービレ最終楽..
from *across the ra..
上野樹里 噂
from 楽しいこと大好き
ブログパーツ
検索
タグ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧