のだめカンタービレ20巻 二ノ宮知子
e0138585_2132225.jpgのだめカンタービレ

「のだめ」もとうとう20巻目に入りました~

前半は全巻からの続きで「カントナ国際コンクール」、後半はいよいよのだめが「音楽の真髄」に触れるか?というものすごく気になる展開で終わります。

気になったところ

・「カントナ国際」にゆーと君が登場!
 ママからひとり立ちしたゆーと君。ひょっとして今後のだめと何ら  かのかかわりが出てくるんでしょうか?

・のだめ「運命の曲」に出会う
 ひょっとしてこの曲でいつか初共演?でもそうそう簡単にはうまく
 いかなそう・・・

・ターニャと黒木君はどうなる?
 ユンロンのサラリとした(!)指摘で欠点に気がついたターニャ。
 彼女の今後も気になります。

次巻はいよいよRuiとのコンチェルトが観られるのでしょうか?
展開はゆっくりでちょっとイライラしたところもありましたが、二人の
甘~いシーンもあったので、「バラとプルトニウム」のごとく(のだめもファンだったのね~(笑))続きを待ちたいと思います。
[PR]
# by angel-heartk | 2008-03-14 21:48 | 漫画
岩倉具視ー言葉の皮を剥きながら 永井路子
e0138585_222615.jpg


岩倉具視ー言葉の皮を剥きながら

帯に「評伝」と書いてありましたが、明治維新を岩倉を主人公にして描いた作品でした。
サブタイトルの「言葉の皮を剥ぐ」とは維新のキーワード(「攘夷」、
「開国」、「王政復古」)などのキーワードを脇にどけて、その皮の下にあるものを明らかにする、というような意味です。
だから、明治維新にロマンを感じている人には好きになれないかも
しれませんが、私は倒幕側には詳しくないせいか、大変面白く読むことができました。

読んでいて興味深いなぁと思ったのは、孝明天皇と岩倉の関係、そして、岩倉の妹、堀河紀子のことでした。紀子は孝明帝の寵妃で皇女を二人儲けていて、岩倉と帝をつなぐ重要な役割を果たしていて
孝明帝も岩倉のことを信頼していたそうです。そのため作者は、孝明帝暗殺は行われていないとの見解を示しています。
いままでで一番納得のいく意見だと思いました。
[PR]
# by angel-heartk | 2008-03-10 22:03 | 読書(歴史・時代小説)
もうすぐ公開・・・
金城武君の最新映画「Sweet Rain 死神の精度」がまもなく公開になります。

公式ホームページ

実はまだ原作は未読なのですが、金城君が「死神」を演じるということなので、楽しみです。
インタビューも続々雑誌で発表されてますが、原作者の伊坂幸太郎さんとの対談が「週間文春」に載っていたので、買ってみました。
映画の内容と役作り、人生観(死生観?)が語られていて、短いながらもいい内容だったと思います。

それにしても「ニューヨーク・デイ・ドリーム」では死神に死を宣告される役立った金城君が今度は「死神」の役だとは・・・
面白いなぁと思います。
[PR]
# by angel-heartk | 2008-03-07 22:18 | 映画
短い読書感想文
最近読んだ本の感想を簡単に書いてみました。

へび女房 蜂谷 涼

明治時代に生きた女性達の物語。それにしても明治時代は
つくづく女にとって生きづらいなぁ。タイトルから最初はホラー
小説かと思いましたが、そんなことはなかったです(笑)

消えずの行灯―本所七不思議捕物帖   誉田 龍一

御家人の次男坊、釜次郎と仲間達が本所七不思議を科学的に解決する連作短編集。
釜次郎は幕末&明治に活躍するあの人の通称です。彼以外にも
歴史上の人物が続々登場するのが楽しいです。

マンガ メディチ家物語──フィレンツェ300年の奇跡
 樋口 雅一 森田 義之

「チェーザレ」を読んでいるので、メディチ家にも興味が湧いて
読んでみました。メディチ家の歴史をゆかりの芸術家にからめて
ダイジェストにまとめています。分かり易いのでいいのですけど、
絵があまり好みでないのが残念!

銀河英雄伝説〈7〉怒濤篇 田中芳樹

ついに同盟が滅亡。そしてヤンがイゼルローンに帰還。
次巻でラインハルトと対決か。
「パン屋の二代目」ことチュン・ウー・チュンがいい味
出してました。
[PR]
# by angel-heartk | 2008-03-04 22:04 | 読書(短い感想文)
「十二国記 丕緒の鳥」 小野不由美」
先日ブログに書いた雑誌「yom yom」(丕緒の鳥)
を買ってきました。

電車の中で一度ざっと読んだだけですが、
相変わらずの端正な文章、難しい漢字がいっぱいなのは
この作品ならですね~。
実は今回は慶国主従が主役かと、勝手に想像していましたが、
今回の主人公は下級役人の丕緒(ひしょ)が主人公でした。
こうなると、早く本編(慶国か戴国)を再会して欲しい・・・
とさらに欲が出てきてしまいました。
[PR]
# by angel-heartk | 2008-02-27 21:57 | 読書(ファンタジー・その他)
「女教皇ヨハンナ」 ドナ・W・クロス
e0138585_21175884.jpg女教皇ヨハンナ

9世紀、ドイツ南部の小村に生まれたヨハンナは、幼い頃から
知的好奇心の強い少女でした。しかしこの頃は女には学問は
不要な時代、それ以前に女には基本的人権さえありませんでした。
その為、ヨハンナはある事件をきっかけにして、男性として生きる
決心をします。やがてローマに旅立ったヨハンナは、その知性と、
人道的な活動からローマ教皇に選ばれるのですが・・・

ヨハンナは法王庁が今も存在を否定する人物で、伝承のみで
伝えられてきた人物なのですが、出来れば実在していて欲しい
なぁと思いました。ストーリーは歴史的な事実を除けばほとんど
作者の創作だそうですが、このヨハンナは弱者に対して優しく、
権力者に対して怯まない、魅力的な人物になっています。
彼女の最期は悲しいけれど、救いのある終わり方で、それも
良かったと思いました。
[PR]
# by angel-heartk | 2008-02-25 21:40 | 読書(歴史・時代小説)
映画「エリザベス ゴールデンエイジ」
CMを見て気になっていた、「エリザベス ゴールデンエイジ」を
観て来ました。

公式ホームページ
実は前作は観ていなかったのですが、続編だけでも
充分面白かったです。久し振りに大河ドラマを観たなぁと言う感じ。
それにしても国の最高権力者になるのはこんなにも大変な
ことなのかぁと、映画を観ながら心の中でエールを送って
いました。
俳優は主演のケイトはもちろんですが、スペイン王役の俳優と
ウォルシンガム役のジェフリー・ラッシュ(エンディングを観るまで
気がつかなかった)が良かったです。

それにしてもスペインの「無敵艦隊」は「蒙古襲来」みたいで、
イングランドにとっては正に生きるか死ぬかの戦いだったんです
ね~。史実だとスペイン側の船は帰国途中で嵐にあって、国に
帰れたのは十隻ほどしかいなかったそうです。これもまた、蒙古
軍のようで、すごい偶然だと思いました。
[PR]
# by angel-heartk | 2008-02-22 12:14 | 映画
今日からブログを始めます
とりあえず初かきこしてみました。

ヤフーニュースを見てびっくり!
「十二国記」が6年半ぶりの新作とのこと。

長かった~。文庫本は一体いつ発売になるんでしょう。
[PR]
# by angel-heartk | 2008-02-19 22:29
  

読書の感想が中心で、時々他の話題も・・・ by おけい
by おけい
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venuspo..
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
2014年版・演技力だけ..
from dezire_photo &..
これから伸びる俳優はだれ?
from dezire_photo &..
夢の守り人 上橋菜穂子
from 粋な提案
卒業―雪月花殺人ゲーム ..
from 粋な提案
のだめカンタービレ最終楽..
from *across the ra..
上野樹里 噂
from 楽しいこと大好き
ブログパーツ
検索
タグ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧